fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

マリアの病気 




先週の日曜日の夜からマリアが嘔吐しようとしてできず、具合が悪そうだったので月曜日に動物病院に連れて行った。医師に触診されてから沢山質問されて、最終的に血液検査を行うことになった。残念ながらこの日、マリアちゃんの膀胱は空っぽで尿検査はできなかったのだけど。。。

翌日検査の結果が出て、マリアは甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)と診断された。人間で言うバセドー氏病である。欧米では、10歳以上のシニアの猫にはよく診られる症状で、旦那は病気というより老化現象の一つとして捉えている。この病気の主な症状としては以下が挙げられる。

1. 体重減少
2. 落ち着きが無くなる
3. 年のわりに元気に動き回る
4. 甘えん坊、寂しがり屋になる
5. 水を頻繁に飲む
6. おしっこの量と回数が増える
7. 嘔吐
8. 下痢
9. 毛づやの悪化
10. 高体温
11. 不整脈

1から7番までの症状はここ数ヶ月に渡り感じたことだ。マリアは排便は外でするので、下痢をしているのかはわからない。9番から11番に関しては今の所問題はないようだ。

3週間甲状腺ホルモンを抑える薬を1日2回投与(ご飯に混ぜる)して、また血液検査を行う。尿検査を今度こそ行って、もし腎不全など問題がなければ、恐らく手術をして喉にある豆粒ほどの甲状腺ホルモンの塊を取り除くことになるだろう。もし、腎臓に問題があれば、この手術を行うことはできない。その場合は、生涯薬を投与しなければならないが、ネット上の情報によると薬の投与の場合、2〜3年の命だということだ。

この病気の原因は、プレミアムではない市販のキャットフードと言われている。魚や、手作りのエサを与える日本ではこの病気になる猫ちゃんの数は欧米に比べて圧倒的に少ない。猫ちゃんに長生きしてもらいたければ、

1. 手料理か、Hill's のプレミアムフードを与えること
2. 歯のお手入れ、チェックを欠かさないこと
3. 猫がストレスを感じない環境作りに努めること

だそうだ。ペットは玩具ではない。家族の一員だから、子供同然に対応していかなければならない。我が家の場合、1番に関しては、ドライフードはシニアになってからプレミアムに変更したが、ウエットフードは市販の物を与え続けていた。一時期、「手作りの方が良いのでは。。。」と思い、英語のサイトを必至に探したが見つからなかった。あの時、何故私は日本のサイトをサーチしなかったのだろうか??今、後悔するばかりだ。マリアの様子に関しても同様、何故見逃したのか後悔する部分がある。リッターに残っていた尿の量が一度人間を超えるもので、ビックリしたことがあった。水を飲む量も増えた。以前より甘えん坊になったし、年のわりにアクティブだし、毛玉を消化するドライフードを食べているにも関わらず嘔吐するし。。。なんか、おかしい?とちょっと思いながら見過ごしてきてしまった自分に腹が立つ。

火曜日以降、ネットで色々調べてシニアの猫を飼っている方のブログなどを読み、ずーっと泣きっぱなしだった。大好きな写真にさえ手が付かず、何をする気にもなれなくて落ち込んでいた。薬のせいか、マリアの尿の量と飲水量は正常に戻り、態度も落ち着いてきて良くなってきている感じで、私もやっと今日になって少し元気が出て来た。旦那も気を遣って、カフェに連れて行ってくれたり、花を買ってくれたり。。。

私としては、腎臓に問題がなかれば手術をして甲状腺ホルモンの塊を取り除き、その後は私が手作りの猫料理を作りたいと思っている。手術をしても、市販のキャットフードを与え続けると今度は身体の違う場所に同じように甲状腺ホルモンを蓄積するようになるらしいが、こうなると、どこにあるのか探すのが困難でどうすることもできないのだそうだ。もちろん、この病気と診断されてからも、長生きしている猫もいる。マリアもその一匹になってくれればと願うばかりだ。雌猫の平均寿命は14歳と言われているが、ペットの寿命が伸びつつある昨今、13、14歳はあまりにも若過ぎると思う。18歳くらいまでは生きて、私と一緒に庭の散歩とモデルごっこを楽しんでほしい。(マリアは現在12歳)

毎日、毎日神様に祈り、マリアに付いている天使に懇願している。

MariaIMG_1157-16.jpg



スポンサーサイト



Mariaが食べた物とは? 


AIMG_9655.jpg



まだベッドで気持ちよくウダウダしている土曜日の朝。突然、「カホッ、カホッ、カホッ」「ぐわぁぁ〜、ぐわぁぁ〜、ぐわぁぁ〜」と異星の生き物が吠えるような声が聞こえたので慌てて部屋を出ると、なんと家のマリアちゃんが茶色の大きな池と小川を作っていた。彼女愛用のベッドとソファの前のラグの一部も茶色くなっている。

一体何を食べたのかと、その茶色の池を覗いてみると、な〜んと溶解してないカタツムリを発見!
「マリアのやつ〜、カタツムリなんか食べやがってぇ〜」

こんなの生前の母が見たら「あんたがまともなエサやってないんだろう〜」って言われちゃうよ。うちは一応、Vet(獣医)ご推奨のお高いScience Dietのエサをあげてるのに。本当は生の鶏肉も骨付きで与えるように言われているけど、マリアは見向きもしない。魚にもお肉にも全然興味がないみたい。ブリスベンにいたときに、よくゲッコーを捕まえては食べてたから、ああいう爬虫類っぽい物を口に入れたくなっちゃうのかな〜。

もう、いい加減にしろよ〜、マリア〜〜!!


初外のマリア 




新しいお家に引っ越してきて3週間が経ち、マリア用のキャットドアをつけて(これもいろいろあった。
この件も後日書きます。)外に自由に出られるようにしてあげました。

最初はすっかり10歳の中年おばさん猫ということを忘れて、走り回るわ、庭のあちこちの木々に
登るわ、まあ、かなり若ぶっていたんですけど、やっぱり中年、途中で疲れたみたいで、椅子に
座って休んでました。

枝から枝へ飛び渡るマリア

aIMG_2493.jpg

木に飛び登るマリア

aIMG_2503B.jpg

木から飛び降りるマリア

aIMG_2476.jpg

椅子の上でちゃっかり休憩中のマリア

aIMG_2509.jpg

この日は、お昼寝の時間も忘れて大はしゃぎ。まあ、気持ちはわかります。
3週間一歩も外に出てなかったんだから。

そして、午後には斜め後ろの家に遠征した挙げ句、他の猫にギャーーー!!とわめきながら追いかけられ、
前の庭でうろうろしていたら、お散歩中の犬に出くわして驚きのあまりシッポが3倍くらいに
膨れ上がってしまいました(笑)。

aIMG_2525.jpg

「10歳なのに、若いね〜」なんて旦那と微笑ましく見ていたのですが、翌日は寝たきり老人。
ベッドから出て来ませんでした。あ、もちろん、ご飯のときは出て来ましたけど、食べるとすぐにまた
ベッドに潜り込んでいました。恐らく疲労困憊、筋肉痛だったのだと思います。