fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

懐かしい味 





こちらのダイソーで売っているお菓子、結構懐かしいものがある。よく買うのが「こんぶあめ」で、私が一人で買いあさってるのではないかと思うくらい。今回は懐かしい作るデザートを見つけたのでつい買ってしまった。子供の頃よく買っては放課後のスナックとして、夕飯のデザートとして食べていた「フルーチェ」。結婚当初、旦那に作ってあげたら結構喜んでくれていつの間にか旦那もファンに(笑)。




FCIMG_1009 copy




イチゴ味のフルーチェをスキムミルク(脂肪分ゼロの牛乳)で作ったら、やっぱりミルキー感に欠けるし、味もこってりじゃなくてサッパリ。豆乳では作れないらしく、きちんと箱の裏の説明にも書いてあった。


ところで、上のハート型のガラスの器、これもダイソー。シンプルなデザインなので、ちょっとしたデザートやジャムなんかを入れたら可愛くなると思う。あ、右奥の小さなピッチャーもダイソーだ!あはは。。。これは、ミルク入れ、ホットケーキのメイプルシロップ入れとして売ってたけど、私は通常アロマポットに水を加えるときに使用している。この写真ではプロップとして登場して頂いた。





FCIMG_0983 copy







余談だが、実は、このフルーチェじゃなくて、やはりダイソーで購入したフェルトで作るマカロンを自分で作ってアップする予定だったのだが、思いっきり笑える出来映えになってしまった。フェルトを針で刺し刺しして形を整えていく手芸で過去にもやったことがあるのだけど、指は刺すわ、針を折るわ、気分的には藁人形に針を刺しているようで精神衛生上にもよくないと思い、「二度とやりません!!」と誓ったのに、パッケージの写真のピンクのマカロンの色がとーっても可愛いかったので、その誓いを忘れて買って再度挑戦したら案の定、ピンクのマカロンからはほど遠く、ピンクのハンバーガーになってしまった。アップするには、Photoshopでかなりの修正が必要となるためやめた。。。



スポンサーサイト



ワインタンブラー 



AIMG_9719.jpg



最近、リーデル社が出しているステムのないワインタンブラーが人気のようだ。タスマニアに行ったときも、ワインを注文したらこのタンブラーで出してくれたお店もあった。

リーデル社のはドイツ製の薄グラスのようで、日本で正規の価格で購入する場合、1575円。2,3個程度なら、買えなくない値段だと思う。まあ、パーティーとかで20個必要なんてなると大変だけど。

で、このワインタンブラーがダイソーで売っているので先日早速2つ購入。ヨーロッパ製うすグラスで、パッと見、リーデル社の物と区別がつかない。ネットで調べてみたんだけど、ダイソーのとリーデル社のを並べてじっくり見ると、やはりリーデル社のタンブラーの方が薄くてツヤ感も良いらしい。でも素人目ではわからないだろうから、そういう事に詳しくないお客様が来たときに、このタンブラーで出せば「まぁ〜、素敵ぃぃ〜」みたいになってしまうらしい。

買う前に「持ちにくいかな?」って思ったりもしたけど、そんな事は全くない。普通のワイングラスほど背が高くないので、結構安定感もある。ただ、このヨーロピアンうすグラス、シンクに置きっぱなしにすると、倒れたときに直ぐ割れる。普通のソフトドリンク用のうすグラスも持っているのだけど、そちらはシンクで倒れて割れてしまった。因みにディッシュウオッシャーはOK。