fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

欧米と日本のアートの相違考察 ① 




先日、年一度のメルボルン ホワイトナイトに参加して激混みの中なんとか見る事のできたアートを写真に撮り、フェイスブックに投稿した。私自身もそうだが、やはり日本とは感性や感覚が違うと思う方が結構いた。基本、欧米と日本とでは「アート」のコンセプトが異なっていて、日本のような美しさのあるものがアートという考え方だと、現代欧米アートは、正直全く理解できないし、中にはあまりにも衝撃的過ぎて吐き気をもよおすものさえある。現代アート、特に欧米での現代アートは、「政治的、社会的問題を視聴者に問いかけ考えさせるもの」、「普段美しいと思っているものを根本的に覆して、真実を突きつけて衝撃を与えるもの」、「頭の中を無の状態にして感覚だけを喚起させて想像させるもの」、大体この3点を頭に入れておけばこちらでの現代アートをそれなりに面白く楽しく?鑑賞することができると思う。

今回のホワイトナイトで、一点またなんとも言えない気持ちになったアートがあった。皆さんはどう感じるかわからないけど、この手のものは、オーストラリアの現代アート展に行くと出くわすことが多い。



FC20160221-IMG_3907.jpg



この3Dの映像。静かな教会でこんなプロジェクションが音もなくテーブルの上に映し出されている。コップのコースターよりもひと回り小さいくらいの大きさで、肉眼だと2D、片目を閉じるかカメラで撮影すると3Dになるという仕組み。こういったアナモルフィックの技術自体がアートということにもなるのだが、この映像をじっと観ていると不思議な気持ちがこみ上げてくる。このアートの説明では、「過去の思い出と現在を繋ぐ」とか「別の現実を思い描くきっかけ」などと書かれている。

普通、楽しい場面や幸せな場面にいる当事者達には、笑いがあり言葉があり音楽があったり、必ず「サウンド」が存在する。しかし、そのサウンドを全て消し去って、第三者的にその様子だけを無音声で観ると、とても不思議な感覚を覚える。ましてや、今回のように小さい円の中という限られた枠で楽しそうに行動する人々を見下ろすと、人間生活の儚さ、人の命の儚さ、楽しく幸せな時間の儚さを突きつけられて人間がいかに宇宙全体から見たらちっぽけで塵のような存在なのかと悲しくなるのである。何故、このような気持ちになるのだろう。これはあくまで私の個人的見解だが、生まれる前に魂がどこか遠いところから人間のこういった生活を眺めていたことがあり、自分もあの儚い時空の中に入っていき泣いたり笑ったりと、恐怖と興奮を交えた感覚があったことを思い出させるのではないか。つまり、この手の映像は、生まれる前の過去の魂を呼び起こして今肉体を持って人間として存在する自分とコネクトさせるのではないか。うちの旦那などは「意味わかんねー」で終わってしまうのだけどね。

こんな風に普段は感じる事のない感覚を覚えたり、考えさせられたり・・・これが欧米のアート。



FC20160221-IMG_3902.jpg




スポンサーサイト



フリーダム/無秩序の中の美 


最近、写んぽに出かけて私の目をよく惹くのが、規則性なく無秩序に咲いている花や、野放し状態で雑草も花も一緒にそれぞれの違う方向を向いている場所。私の中で、美しい花をそのまま撮るのは面白くないというのがいつもあるのだが、それ以外にもやはり沢山のフリーダムがあり、多文化国家でイマイチ秩序に欠けるオーストラリアに住んでいるから、そんなところに目がいくのかもしれない。


FC20160208-IMG_3563.jpg



オーストラリア、特にメルボルンは多種多様の人種が生活していて、場所によっては英語が聞こえてくるところが少ないところもある。同郷の友達とは母国語で話し、そうでない人たちとはお国訛りの英語で話すというのが基本。文化背景もそれぞれ異なるから、日本だけの「常識」を物差しにして対応しようとしたら、ついていけない。疲れる。私も、かなり長年オーストラリアに住んでいるが、未だに文化ストレスを感じてどっと疲れることがある。別に中傷する訳ではないが、(大陸の)中国人には秩序なんてものはない。驚くほどに自分本位で、マナーや秩序などという考え方が存在しない。そういう中にも美徳はあるのかと日本人的な尺度で考えてしまうが、わからない。

自然を見る限り、秩序なく雑草やら花が咲いている姿はあちこちにあって、恐らく殆どの人は見過ごしてしまうか、あるいは綺麗だと思わないだろう。ところが、よく見ればそこには「自由」という生き生きした美の姿が存在する。光が当たればその美しさは増す。多分、そこには社会が存在しないから美しく輝くことができるのだろう。人間は、知恵と感情を備えていて、そこに「お金」という価値が加わる。そうなると社会が形成されて、秩序がどうしても必要になり、植物のようにただ存在する、という事は不可能になってくるのだろう。でも、どちらも置かれている環境で幸せであればそれで良いんだな、きっと。



FC20160208-IMG_3527.jpg