fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

夏真っ盛りの大晦日 

~再びオリンダの森~


夏の木漏れ日を浴びながら


真夏の森を散策


気温30℃でもドライだから爽やか


子どもの頃の夏休みを思い出す




IMG_0388 copys



高く真直ぐに伸びたガムツリー(ユーカリ)林


コアラはいないかな?



IMG_0377 copys



カカトゥがどこからともなく飛んで来た


森を飛び回る白いオウムだ



IMG_0313 copy2s




小さな赤い実を見つけた


光を浴びて嬉しそう



IMG_0356 copys




そして、行き着いた所はオリンダフォールス


サラサラと静かな水の音に耳をすます



IMG_0320 copys







スポンサーサイト



妖精と戯れる 

メルボルンの東36kmにオリンダという緑の生い茂る美しい町がある。


オリンダに到着してすぐ、ウイリアム・リケット・サンクチュアリーを訪ねた。
大地が生み出す性別のない妖精達が私達を迎えてくれた。


DSCN1019 copy2s


DSCN1040 copys


妖精達と戯れた後、オリンダの町で一息。
ミートパイをほおばり、トルコのスカーフやランプに魅了されながら町を散策。
更に妖精達に会えればと、パワーストーンとお香を買い込みシダの森へ。



DSCN1051 copys

万シダや映ゆる大木苔のむす


夕方5時半の木漏れ日。高い木を追って上を見ると小枝の隙間から覗く空はまだ青い。
ひんやりした湿った風が木々の囁きと匂いを運んでくれる。
あぁ、また遇えた。


小さな町を訪ねる(Kyneton) 

メルボルンの北西80km、Kyneton(カイントン)の町を訪ねた。
カイントンは、1800年代の金塊時代にベンディゴやフォレスト・クリークから
メルボルンに向かう旅人達が宿泊地として利用していた場所だ。


IMG_0275 copy2s


現在も当時の建物が町のあちこちに残っている。

IMG_0262 copy2s
OUR LADY OF THE ROSARY 1850


IMG_0279 copy2s
RED BRICK HALL 1892


そしてパイパー通り。グルメ通りと称されるくらい美味しいレストランや
カフェが並んでいるのだが、やはり古い風情は残っている。


IMG_0293 copy2s



IMG_0296 copy2s





夏の小径 

ユーカリの匂い追われし夏小径


今日は旦那と二人で近くにある湖公園を散歩。
クイーンズランドにいてもビクトリアにいてもユーカリの香りに包まれる。
ユーカリはこの国の匂いだ。




ブリスベンに負けない青い空。
ドライだけど爽やかな空気。
木漏れ日を浴びながらゆらゆらと揺れる小さな葉。
これがメルボルンの夏。


Nature.jpg







メリークリスマス 

IMG_0108 copy2merrys


今年は旦那とマリアと私で静かなクリスマスを過ごしている。
年をとったせいか、豪華なごちそうを食べたいと思わないし、
これといってプレゼントされたいものもない。
シンプルだけど、この小さな家族と一緒にいられることが
私にとっては一番の幸せだから。





夕方から雹が降り始めた。




さて、ドイツ人の友人から教えてもらった
グルーワインでも作って飲むとするか。。。




皆、家族と一緒に楽しいひと時を過ごしていることを祈る。



クリスマスハンパー 

旦那が会社から貰ったクリスマスハンパー
今年はワイン4本にビールが6本。
あとは、ありきたりのお菓子。沢山貰って来たのでビックリ!



IMG_0084 copy2s



ワインは嬉しい。
今日は暑いから白ワインを冷やして今晩頂くとしよう。



IMG_0086 copy2s





夏の窓 





窓越しの重なる緑さーらさら



IMG_0064 copy3s 




一人がけのソファに座ると、カーテンを少しだけ開けた窓から外の木々の緑が
何とも爽やかに揺れているのが見える。

ほんの少しだけカーテンを開いて窓の外を覗くと、いつもと違う風情が見えてくる。




庭の草木で活け花 

2学期が終了、ブリスベンの母にも会ってきて今はのんびり。

今朝は、庭の草木をちょっとだけ切って活けてみた。

誕生日に買ってもらったCanon EOS600D初挑戦!



IMG_0031 copys




IMG_0017 copy4s




IMG_0026 copy3s