fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

散歩道 


家から歩いて1分のところにある
大きな公園が私の散歩道

最近お天気が良いので
白い木がツヤツヤに白光っている


sCopyDPP07DC011F111B52.jpg



散歩道はいつも
アロマオイルの香りがプンプン


この日はティーツリーの香りが強かった



sCopyDPP07DC011F113611.jpg



いつもの大木の下で
少し休憩



sCopuDPP07DC011F113158.jpg





スポンサーサイト



トワイライトマーケットへ 



SCopyDPP07DC011B163A49jpg.jpg


12月2日から2月24日まで
毎週金曜日の午後6時から午後10時に開催されている
アボッツフォード・コンベントのトワイライトマーケット

ここはヤラ川沿いの修道院だったところで、
建物も庭園も今でもとても美しい所。

オーガニックマーケット、ビーガンフェスティバルや
各種アートのクラスやイベントなど毎月何かしらの
イベントが開催されている。




避けて通ることができない私の好きなピンクリリーピリー

SDPP07DC011B161D14.jpg

SDPP07DC011B162551.jpg



この日は、最高気温31度。
朝と夕方は22度の快適な気温で
沢山の人がビールやワイン片手に賑わっていた。



SCopy2DPP07DC011B163118.jpg





優しく健気に 





SSCropDPP07DC01170A2125 copy



   どんなに小さくても

   花を見ると

   心が和みます


SSSCropDPP07DC01170B0A04 copy SSSCropDPP07DC01170B0E11 copy


Marysvilleの花たち





彫刻ガーデン 




sBruno1b.jpg



私にとってMarysvilleといえば
Bruno's Sculpture Gardenの彫刻がなんと言っても
一番最初に頭に浮かぶ

美しい女性、可愛らしい子ども
妖精、おっさん達が
周りの草木や水と一体となって
不思議な雰囲気を醸し出している
まるでおとぎの国にでもいるよう

あの山火事でそのガーデンもすっかり焼け野原と化した
その様子はこちらから

あれから約3年の歳月が流れ
ガーデンも元の姿を取り戻していた

もちろんあの山火事で
燃えてしまった彫刻も沢山ある

そして、火傷を負いながらもなんとか
生き残った彫刻達が元気にその姿を見せてくれた


sBruno2.jpg


アーティストのブルーノさん
今回もお客様一人一人にご挨拶

私達もブルーノさんと山火事について話した

「いつだって古い物が去って新しい物が来るんだ。
世の中皆そうだからね。」

と世の無常を語っていたが、当初は自分の子ども同然の
彫刻達が燃えているのを見て落胆したに違いない

火傷を負った彫刻達の手当をし、新しい仲間を加えて
再開したガーデン
雰囲気は昔と全く変わらない


sBruno3b.jpg









あ、あの後ろ姿には見覚えが。。。。








sDPP07DC0117120637.jpg












挨拶しようと前に立った













sDPP07DC0117120740.jpg





覚えのある懐かしい彫刻に再会して
思わず涙がこぼれた









Bruno's Art & Sculpture Garden
http://www.brunosart.com/

ブルーノさんのアートギャラリーが彫刻ガーデンに隣接しています。
彼の描く絵もとても素敵です。



強く美しく 

2009年2月
Marysvilleという
ビクトリア州にある美しい町が
山火事で全焼した
世界的にもニュースになったので
覚えている人もいると思う

Marysvilleの町は古い面影を残した可愛い町で
緑潤う美しい自然に囲まれた場所だった

少し前から復旧しつつあるニュースを聞き
旦那と二人、大好きなMarysvilleを
久しぶりに訪ねてみた

町の中はもうすっかり緑で溢れていた
新しく建てられたお店などが並び
古き良き時代の面影は消えてしまったものの
元気は取り戻していた

Lake Mountainにも行ってみた
燃焼した木々が残っていたけど
若い草木とうまく溶け合って
また違った美しさを創り出していた


SDPP07DC01170A2719.jpg

SDPP07DC01170A1703.jpg



黄色の花が
燃えた木々をサポートしようと
辺り一面に咲き乱れていた


SDPP07DC01170A1C36.jpg



Lake Mountain頂上付近は
他にも様々な草花が咲き始めていて
モノトーンの燃焼した木々と
昨日の典型的な夏のカラッとした
天気もあって
なんだかギリシャの景色を思い出してしまった


SDPP07DC01170D2F19.jpg



それにしても自然というのは
なんて強くて美しいのだろう
燃えてしまっても美しい

あと数年すれば恐らくこれらの木々にも
また緑が生い茂るはずだ
新しい草花に励まされながら
その日が来るのを
辛抱強く待っている


SDPP07DC01170B2257.jpg


天を目指して伸びる
その枝に
自然の力強い生命力を
感じた


SCropDPP07DC01170B2352.jpg



Lake Mountain の頂上には
沢山の苔が生え始めていた

水がある
太陽がある
空気がある


あともう少し


SDPP07DC01170B1E51.jpg







おまけのストーリー


Lake Mountain頂上付近あたりから
モンスター蠅が沢山出迎えてくれる。
大きさは普通の蠅の3倍くらいで、ぶ~ん、という音も
3倍くらい大きい

SCropDPP07DC01170B2635 copy


写真の蠅君、私の靴が相当気に入ってしまったようで動かない

カメラを近づけもポーズをいろいろ変えてくれて
写真撮影を楽しんでいるよう

「なんだ、写真が撮ってほしかったのか~」とかなりの数の
写真を撮ったのだけど、いい加減モンスター蠅の写真も
撮っておられず軽くおっぱらったら
この蠅君ちょー怒って私の足にからみつく、からみつく

「おまえは他の人間とは違うと思ったのに!」
「なんだよ、やっぱり蠅は写真には撮れないっていうのかよ!」
「やっと人間と友達になれると思ったのに!!」
と、訴えている

「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のケビン・コスナー
如く、追い払うのに悪戦苦闘した

相手は蠅だというのに
「ごめん、ごめん」と何度も謝り
「私のブログに載せるから」と約束し
やっと許してもらった


次回はMarysvilleにあるBruno's Art & Garden


嬉しい発見 


ウイリアムズタウンに行ったとき
偶然ボタニックガーデンを見つけた

本当に小さなガーデンに
木や草花が詰まっていて
春はさぞや美しいだろうと思った


IMG_0792 copys



今は夏なので
春や初夏の花は全部枯れ落ちて
緑が生い茂っているだけだけど
それでもそれなりにガーデンの
美しさを残していた


IMG_0794 copys



こういう偶然の発見って嬉しい
また絶対に戻ってこよう



友の木 




私のMacの後ろには窓がある

窓の向こうには

沢山枝分かれした木が

こちらを向いて

立っている

いつも葉を揺らして

隣の家の木の葉と交わいながら

沢山の彩りを創り出している

そして晴天の日は

枝の隙間から

強烈な西陽を私に送ってくる



SDPP07DC0113111C44.jpg



まぶし過ぎる西陽も

今日の私には癒しだ



ウェディングデイ 



SDPP07DC0110111C15 copy



二人が愛を誓ったのは

緑まぶしい

真夏の日曜日

葡萄畑が一面に広がる

大地の片隅



SDPP07DC01120C1435.jpg



馬小屋を改造した

煉瓦造りの建物は

ラスティーな味わいのある

素敵な場所だった



SDPP07DC0110112416 copy

SDPP07DC0110112612 copy SDPP07DC0110112125 copy



ここにまた

古い時の流れと共に

二人の愛が

永遠に

刻まれる



SDPP07DC01120C2751.jpg




久しぶりのヤラバレー 


シャルドネや二人の門出これにあり


SDPP07DC0110110916 copy



友人の結婚式で
久しぶり(7年ぶりくらい?)に
ヤラバレーに行ってきた

ヤラバレーと言えば
オーストラリアでは
有名なワイナリーエリアだ




入り口から駐車場まで続く道


SDPP07DC0110103A24.jpg



中に入ると
葡萄畑が一面に広がっている


午後5時


SDPP07DC0110110E05.jpg



午後9時前


SDPP07DC0110112841.jpg




SDPP07DC0110110555 copy



赤も白も存分に堪能させてもらった





ウィリアムズタウンの赤いドア 


DPP07DC010E152D09.jpg



どこにいても
赤いドアに惹かれる



曇りのウイリアムズタウン 



夏なのに寒い日が続いている
それでも、今日は土曜日なので
旦那と一緒にウイリアムズタウンまでふらり

ウイリアムズタウンは、メルボルンシティから南西に8km
ホブソン湾に面したメルボルンの町の一つ

ヨットハーバー、ビーチ、カフェ、美しいボタニックガーデンと
どこをとってもフォトジェニックな場所ばかり

この辺りの家は1.25ミリオン以上
まあ、わかるな~

今日は思いっきり曇り空
写真はいまいちだけど。。。


DPP07DC010E150421.jpg



シティのビルディングが
ヨットの向こうに見える


DPP07DC010E150651.jpg



停留していた船


DPP07DC010E150B24.jpg



町のカフェ通り


DPP07DC010E150959.jpg


DPP07DC010E150D02.jpg





雨上がり 

DPP07DC010C142446s_20120112190003.jpg

1日半降っていた雨があがった

庭の植物達は

元気に陽の光を浴び始めた

少しだけ残ってる雫の玉が

きらきら光ってる


DPP07DC010C152320 copys




IMG_0673 copys



もうすぐ消える

1粒の雫


IMG_0703s.jpg




IMG_0710 copys




IMG_0704 copys











ウェディング・カード 



今週末はヤラ・バレーでSちゃんの結婚式
ウェディング・カードって何故か
パステルカラーかモノトーン調のものばかり
カラフルで明るいカードがほしかったので
自分で作ってみた。


Card1.jpg




Card2.jpg




Illustratorでそれぞれの花をデザインして
Sちゃんが日本で買ってきてくれたハサミで
1つ1つ切り抜いていった。



家探し 



年明けから本格的な家探し
今日も幾つかの家を見て来たけど
どれもいまいち
かなり時間がかかる予感。

理想の家は

2ベッドルームの小さな家でいいから
木の生い茂るストリートで
ダイニングルームから
フレンチドアをぬけてアルフレスコに出れる家

ドライブしてるときに見つけた
家の外庭に咲いていた草花

こんなガーデンが作れるようになるのは
いつのことやら。。。


IMG_0244 copys



IMG_0251 copys



Zakkayaさん 


今朝は、Zakkayaさんで購入したカップでモーニングティー


IMG_0481 copys



Zakkayaさんにはお世話になった。
ウインドウディスプレイを数回やらせてもらい、
学校のフォトスタイリングの課題で、撮影用の陶器もお借りした。
Zakkayaさんは気分転換のためフィッツロイのお店を昨年末に閉めた。
いつかまた会える日を楽しみにしている。


photostyling3.jpg

Stylist / Photographer: mariacat





木の下で 




カメラを持つようになって

木の下に立って空を見上げるようになった



大きな木の下で休憩中


IMG_0219 copys




葉の形に魅せられて


IMG_0221 copys




大好きなピンクリリーピリーを見上げて


IMG_0160copys.jpg




暑中お見舞い 



暑中お見舞い申し上げます。


新年早々暑い

今日は40度らしい




IMG_0440copy2s.jpg





夏休みの公園 

オリンダの町から歩いて5分、シャクナゲ国立公園(National Rhododendron Park)

春はシャクナゲ、ツツジ、サツキ、そして桜の花で埋め尽くされる。



IMG_0433copys.jpg



夏の公園には


沢山の紫陽花が太陽に向かって誇らしげに咲いていた。



紫陽花や太陽讃歌の合唱かな



IMG_0380 copys




IMG_0436 copy2s




乾いた砂埃の匂いとユーカリの香り

青く澄み渡った空に彩る植物模様

真夏の静寂



IMG_0417copys.jpg



IMG_0419 copys



IMG_0423copys.jpg



IMG_0424 copy4s