fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

フリーダム/無秩序の中の美 


最近、写んぽに出かけて私の目をよく惹くのが、規則性なく無秩序に咲いている花や、野放し状態で雑草も花も一緒にそれぞれの違う方向を向いている場所。私の中で、美しい花をそのまま撮るのは面白くないというのがいつもあるのだが、それ以外にもやはり沢山のフリーダムがあり、多文化国家でイマイチ秩序に欠けるオーストラリアに住んでいるから、そんなところに目がいくのかもしれない。


FC20160208-IMG_3563.jpg



オーストラリア、特にメルボルンは多種多様の人種が生活していて、場所によっては英語が聞こえてくるところが少ないところもある。同郷の友達とは母国語で話し、そうでない人たちとはお国訛りの英語で話すというのが基本。文化背景もそれぞれ異なるから、日本だけの「常識」を物差しにして対応しようとしたら、ついていけない。疲れる。私も、かなり長年オーストラリアに住んでいるが、未だに文化ストレスを感じてどっと疲れることがある。別に中傷する訳ではないが、(大陸の)中国人には秩序なんてものはない。驚くほどに自分本位で、マナーや秩序などという考え方が存在しない。そういう中にも美徳はあるのかと日本人的な尺度で考えてしまうが、わからない。

自然を見る限り、秩序なく雑草やら花が咲いている姿はあちこちにあって、恐らく殆どの人は見過ごしてしまうか、あるいは綺麗だと思わないだろう。ところが、よく見ればそこには「自由」という生き生きした美の姿が存在する。光が当たればその美しさは増す。多分、そこには社会が存在しないから美しく輝くことができるのだろう。人間は、知恵と感情を備えていて、そこに「お金」という価値が加わる。そうなると社会が形成されて、秩序がどうしても必要になり、植物のようにただ存在する、という事は不可能になってくるのだろう。でも、どちらも置かれている環境で幸せであればそれで良いんだな、きっと。



FC20160208-IMG_3527.jpg



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mariacat.blog41.fc2.com/tb.php/146-ce802d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)