fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

欧米と日本のアートの相違考察 ① 




先日、年一度のメルボルン ホワイトナイトに参加して激混みの中なんとか見る事のできたアートを写真に撮り、フェイスブックに投稿した。私自身もそうだが、やはり日本とは感性や感覚が違うと思う方が結構いた。基本、欧米と日本とでは「アート」のコンセプトが異なっていて、日本のような美しさのあるものがアートという考え方だと、現代欧米アートは、正直全く理解できないし、中にはあまりにも衝撃的過ぎて吐き気をもよおすものさえある。現代アート、特に欧米での現代アートは、「政治的、社会的問題を視聴者に問いかけ考えさせるもの」、「普段美しいと思っているものを根本的に覆して、真実を突きつけて衝撃を与えるもの」、「頭の中を無の状態にして感覚だけを喚起させて想像させるもの」、大体この3点を頭に入れておけばこちらでの現代アートをそれなりに面白く楽しく?鑑賞することができると思う。

今回のホワイトナイトで、一点またなんとも言えない気持ちになったアートがあった。皆さんはどう感じるかわからないけど、この手のものは、オーストラリアの現代アート展に行くと出くわすことが多い。



FC20160221-IMG_3907.jpg



この3Dの映像。静かな教会でこんなプロジェクションが音もなくテーブルの上に映し出されている。コップのコースターよりもひと回り小さいくらいの大きさで、肉眼だと2D、片目を閉じるかカメラで撮影すると3Dになるという仕組み。こういったアナモルフィックの技術自体がアートということにもなるのだが、この映像をじっと観ていると不思議な気持ちがこみ上げてくる。このアートの説明では、「過去の思い出と現在を繋ぐ」とか「別の現実を思い描くきっかけ」などと書かれている。

普通、楽しい場面や幸せな場面にいる当事者達には、笑いがあり言葉があり音楽があったり、必ず「サウンド」が存在する。しかし、そのサウンドを全て消し去って、第三者的にその様子だけを無音声で観ると、とても不思議な感覚を覚える。ましてや、今回のように小さい円の中という限られた枠で楽しそうに行動する人々を見下ろすと、人間生活の儚さ、人の命の儚さ、楽しく幸せな時間の儚さを突きつけられて人間がいかに宇宙全体から見たらちっぽけで塵のような存在なのかと悲しくなるのである。何故、このような気持ちになるのだろう。これはあくまで私の個人的見解だが、生まれる前に魂がどこか遠いところから人間のこういった生活を眺めていたことがあり、自分もあの儚い時空の中に入っていき泣いたり笑ったりと、恐怖と興奮を交えた感覚があったことを思い出させるのではないか。つまり、この手の映像は、生まれる前の過去の魂を呼び起こして今肉体を持って人間として存在する自分とコネクトさせるのではないか。うちの旦那などは「意味わかんねー」で終わってしまうのだけどね。

こんな風に普段は感じる事のない感覚を覚えたり、考えさせられたり・・・これが欧米のアート。



FC20160221-IMG_3902.jpg




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mariacat.blog41.fc2.com/tb.php/147-597a0279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)