fc2ブログ

Yeha Noha

Wishes of Happiness and Prosperity in Melbourne

セント・キルダビーチ 



先日、お天気の良い週末にメルボルン市街から近く、それなりの歴史もあるセント・キルダというビーチのある町に久しぶりに行ってきた。少し前までは、メルボルンの代名詞的なところで、う〜ん、今でもちょっとそんな感じあるのかな。。ちょっとオシャレな若者の町といったところだろうか。というかオシャレなカフェやレストランが並ぶ中、ホームレスがいたり、田舎町にあるようなピザ屋とかフィッシュ&チップスのお店もあるし、昼間から集団で酔っ払ってるオージーが大声張り上げていたりもする。

私たちもサンセット前(サンセットが開始するのが夏は午後8時45分ごろ)に雰囲気のあるカフェに入り、私はまず白ワインでリラックス。はぁ〜、いいわぁ〜。日暮前に柔らかい光が差し込み、気持ちの良い風がすーっと吹き抜けるような場所でワインをすするのって私にとってはとても贅沢なこと。週末でなくて、皆んながまだ仕事している週中なら尚更。この後、私は夕飯でいつものように大好物のファラフェルという中東/エジプトのヘルシーフードを食し、幸せを満喫!



FC20160109-IMG_2810.jpg



いよいよビーチに向かって出発。どこで撮影するか決めて早速試し撮り。うん?逆光ってISO上げてもこんなに暗かったっけ?なんて思いながらパシパシパシ。さて、オールドレンズでも撮ってみるかとレンズを変えようとしたときに気づいた。私のキャノンのズームレンズにND400の真っ黒なフィルターがついていた。だからだったんだぁ〜。でも仕上がりは結構良い感じになった。




FC20160109-IMG_2820.jpg



次回は、この桟橋の奥に見える建物、歴史の古いカフェレストランに行って夜にこのレストランの裏に出てペンギンを見てこようと思っている。建物の歴史などはその時までお預け〜。







女ともだち 




私の女友達は、簡単に言うとSまたはドSだと言われている女性が多い。私自身がSだから、まあ、類は類は呼ぶというところだろうか。そういう言い方をすると勘違いする人もいると思うのでもう少し詳しく説明すると、どの女友達も、自分の意見、生き方をはっきり持っていて、周囲が反対の意見を持っていても決して自分の信念や考え方は崩さない。こちらが何か質問すれば歯に衣を着せたようなはっきりしない言い方をせずにストレートに返事が来て本音で話すことができる。自分のイメージも大切にしてるから、誰かのキャラを真似してイメージを偽ることもしない。

写真を通してお友達になった女性達も、殆どがその類。自分の写真に対する信念、スタイルを持っていて落ち込む事はあっても、心のどこかで自分の作品に自信を持っていて決して他人の作品を真似したりすることはない。子供の頃、女の子達から苛めにあっていたせいもあって、フェイスブックで女性と友達になるときはかなり警戒し時間をかけて本当にこの人は自分を受け入れてくれるか、自分の世界を持ちながらも私の世界も尊重してくれるだろうか、したたかな人でないだろうか、そんな事を考えて男性と友達になるよりも時間がかかり慎重になるのだ。それでも時々失敗する。仕方ないね、それは。


FC20160107-IMG_2734.jpg



Blue Lotus Water Garden 


先日、メルボルン市街から車で1時間半程度のところにある、蓮/睡蓮のガーデン、Blue Lotus Water Gardenに行ってきた。天気予報では、最高気温が24度と言っていたので、ちょうど良いくらいかと思っていたが、朝から強い日差しが照りつけて、体感気温は34度くらい。暑かった。



FC20160107-IMG_2727.jpg



水を家から持ってくるのを忘れたので、自販で2ドル50セントの水を買うために5ドル札を挿入したら、お釣りが2ドルしか戻ってこない。カウンターにいた男性にその旨伝えたら、彼らの責任ではないから、自販に貼ってある電話番号に私が電話して、その旨伝えるようにとのこと。はぁ〜?ありえんでしょ?なので、私が「はい?自販の会社に電話するのは、そちらのガーデン側じゃなくて、客の私ということなんですか?」と聞くと「その通り!」というお返事。「なんだこいつ」と思っていたら、隣にいたもう一人のおばちゃんスタッフが、「私が電話するわ。」と言って、コードレスの電話を持ってきて電話をかけはじめた。思った通り、まだ世間は休暇モードで電話に出るわけがない。なので、「思った通りです。でも、電話してくれた事に感謝します。私は、自販が壊れていることを知っておいてほしかったので言ったまでですから。。。」と、そのおばちゃんスタッフに礼を言った。すると、最初の男性スタッフが出てきて、「はい、50セント。」と気まずそうな顔をして返してくれた。

この事を家に帰って旦那に話すと、「まあ、オーストラリアでは使用した人が電話するのが普通だから、話の途中で何を言われたかすぐにわかったよ。オーストラリアの会社に置いている自販は、壊れたら普段使用している従業員が電話することになってる。」「それは、わかるよ。会社の従業員用の自販だからね。でも、私の場合、立場違うでしょ。客だよ。彼は、『今度自販の業者が来たら伝えておくよ。すまなかったね。』と言って、最初から50セント返すべきだったね。私は、あの自販の業者に会うことはないんだよ。あの場にいつもいる従業員じゃないんだからね。」と言うと、「確かにそうだね。」と言っていた。


ちょっと嫌な思いをしたけど、中に入るとすぐに美しい蓮花が「いらっしゃいませ。」と笑顔で迎えてくれた。



FC20160107-IMG_2669.jpg



どの蓮花も睡蓮も背が高くて大きくて発色もよく溌剌としている。まるで、オーストラリアの若い女の子達のようで、圧倒されてしまう。大きいものになると、人間の顔と大きさ同じくらい。しっとり阿弥陀様がいるというより、蓮、睡蓮畑で皆んなで大合唱している感じだった。



FC20160107-IMG_2717.jpg



それにしてもだ。今年は例年になく暑い夏のせいか、蝿が多い。どこに行っても蝿が複数まとわりついてうざいったらありゃしない。一番きついのは、マニュアル・フォーカスでピン合わせしているときに、唇に1、2匹停留することだ。口開いたら、中に入りそうなので口は閉じた状態で、そのまま我慢して集中する。最初は蝿を払うことが優先していたけど、段々と慣れてきてしまった。私が今年の夏に撮った写真のほとんどが、蝿と一緒に撮ったものだ。写真のどこかに黒い点を見つけたら、蝿の可能性が大。


その他の写真はFlickrでご覧ください。

謹賀新年(ライ・バック・ビーチ) 




新年明けましておめでとうございます。


新年早々、ドラゴン・ヘッドを撮りたくて、午前3時半に起きて4時15分に家を出て、旦那が調べたドラゴン・ヘッドの岩があるライ・バック・ビーチに到着し、「もうすぐ日の出だよ。。。」と焦りながら、左右を見渡したけど、それっぽい岩が見つからない。

「なんかここじゃなさそう。」と思いながら、数人の若者に聞いたけど、みんなそんなの聞いたことないと言う。でも、実際写真で撮っている人いるんだけどなぁ。。。空は少しずつ明るくなっていって、日の出どころの騒ぎではなかったのだけど、iPhoneで太陽が少し出始めた頃の空の色を大急ぎで撮った。

そんな訳で、結局押し寄せる波を横目でチラチラ用心深く見ながら(いつも波が怖いんです。)ビーチ沿いを歩き、それなりに撮れそうなところを探して、以下の三種のレンズと初撮りを楽しんできました。

Canon EF 24-105mm f4
MC ROKKOR - PG 50mm f1.4
Helios 44-2 58mm f2


<Canon EF 24-105mm f4 + ND400>

ND400のフィルターを付けて、スローで撮影したので波は滑らか。現代レンズの優秀かつ正統な写し方を惚れ直してしまった。



FC20160101-IMG_2560.jpg




FC20160101-IMG_2561.jpg




<MC ROKKOR - PG 50mm f1.4>

ロッコール君は、どんな強い光でも柔らかい感じに捉えて情感豊かに写し出してくれるなかなかのストーリーテラー。この情緒溢れる優しさにいつも惚れ惚れしてしまう。



FC20160101-IMG_2564.jpg




FC20160101-IMG_2568.jpg



<Helios 44-2 58mm f2>

光に繊細で、暗くても明るく撮ってくれるので、少しアンダーで撮ってあげると良さを発揮してくれる気がする。このビーチショットではかなり頑張ってくれて素敵なの撮ってくれた。なかなか頼もしいのだ。




FC20160101-IMG_2606.jpg




FC20160101-IMG_2613-3.jpg


孤独という名の列車 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
trackback: -- | comment: -- | edit